Rocky Mountain

1960年代後半、Rocky Mountain Featherbed(以下RMFB)は、アメリカ・ワイオミング州(俗称カウボーイ・ステイツ)のジャクソンホールで産声を上げる。
ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、継ぎ目の無い一枚革を使ったウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェアが完成。
それが羽毛布団(FEATHERBED)のような防寒性・保温性を保証するダウンベストだ。
NOLS(ナショナル・アウトドアー・リーダーシップ・スクール)を卒業した創業者は、その経験とサバイバルスキルを生かし、1974年当時最高のハイテク素材であったGORE TEXR素材をいち早く採用。
一枚革ヨーク仕様のマウテンパーカを完成させた。
さらなる飛躍を遂げるかに思われたが、残念ながら1980年代後半にブランドは消滅してしまう。
同じ頃、一人の日本人がRMFBの収集を始める。
そして20年という歳月を経て、研究と試作を重ね、オリジナルをも超えるリプロダクツが完成したのは2005年秋。
現在サーティーファイブサマーズ社は、一枚断ちのレザーヨーク・天然ムートンを使用した襟など、確かな価値を受け継ぎつつ、さらに”現代”というエッセンスを加え、他に類を見ない贅沢な製品を生み出している。
そして今なお、世代を超えて世界中の人々を魅了し続けている。
袖を通した瞬間、さらなる永遠の価値を身に付ける喜びを多くの人に伝えるために。

Rocky Mountain 取り扱いSHOP

FUKUOKA AREA

ページの先頭へ